【30社から厳選】強い経営基盤を作る予実管理システム大全 » 予実管理とは?Q&Aまとめ » 予実管理の必要性とは?

予実管理の必要性とは?

このページでは予実管理の必要性や、予実管理システムの有効性についてまとめています。

どうして予実管理が必要なのか?

予実管理は経営課題を可視化する

予実管理は設定予算に対して、実際にどれだけの業績を上げられたのか具体的に分析し、さらに改善点を明確にしていく上で重要です。

予実管理によって予算が適正かつ効果的に活用されているかチェックすることで、コストの無駄を削減できるだけでなく、自社がどのような課題に直面しているのか問題を共有することも可能になります。

失敗したプロジェクトについても多角的に分析できる

例えば予算の無駄が多かったり、想定していた予算と実際の支出で差額が大きかったりすると、計画段階で問題があったと分かるでしょう。また、現時点で計画通りのフローが進められていた場合でも、予実管理で得られた結果で将来的なリスクを発見できることもあります。

事業を実施する上で予算やコストは決して無視できない部分だからこそ、予実管理によって様々な面から状況を把握していくことが重要です。

ニーズの変化を察知できる

半年前の予算達成状況と、1ヶ月前の予算達成状況との間でギャップが大きくなっていれば、そもそも市場や顧客のニーズに変化が生じているとも想定できます。

あるいは、購入する物資やコストについて価格変動が起きているかも知れません。

前提条件が変われば、それに合わせてプロジェクトの内容を見直す必要性も生じますが、時期ごとの予実管理データをチェックすることで状況の変化へ迅速に気づける可能性が高まります。

予実管理システムを活用して実効性のある予実管理を

予実管理を行う上で重要なポイントは、リアルタイムにデータを反映し、様々な情報を一元管理して多角的に分析することです。しかし、規模が大きくなるほどExcelなどを使って管理することが難しくなり、ヒューマンエラーも生じやすくなります。

そのため、そもそも予実管理に特化したシステムを活用することで、改めて予実管理の工程を業務フローへ導入し、有効に運用していける期待が高まります。

予実管理システムを比較

予実管理システムを正しく選ぶには、下記の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • キャッシュの見える化に対応しているか
  • 見やすい分析機能が搭載されているか
  • 資料の自動作成機能があるか

この3つのポイントを抑えていれば経営の役に立ち、かつ担当者の分析作業や資料作成の負担減にもつながるシステムを導入できます。

当サイトでは30種以上の予実管理システムを調査し比較しております。検討している人はぜひチェックしてみてください。

【2021年版】
強い経営基盤を作る
キャッシュフローに強い
「予実管理システム」3選

価格・対応ソフト・機能で比較!
キャッシュの見える化に対応する
「予実管理システム3選」

強い経営を作るために必要なキャッシュフローの見える化に対応し、会計事務所とも情報共有しやすいクラウド版で、料金を公式サイト上に明示している予実管理システムを3つピックアップ。価格、対応ソフト、機能で比較してみました。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)
株式会社シスプラの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※スタンダードプランの場合
月額利用料
(税込)
5,500円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の月次予算まで可視化
分析機能 晴れ/曇り/雨の表示で解説
資料作成機能 最大100種類の分析資料を自動作成
会計ソフトとの連携 16種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)
株式会社YKプランニングの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※プランニングプランの場合
月額利用料
(税込)
10,780円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の年次予算まで可視化
分析機能 アシストロボットの「bi-bo」が解説
資料作成機能 6つの機能で経営計画書を自動作成
会計ソフトとの連携 23種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)
株式会社ナレッジラボの画像1
引用元:株式会社ナレッジラボの公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※一般企業向けの場合
月額利用料
(税込)
55,000円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 1年先の年次予算まで可視化
分析機能 ワンクリックで財務分析が可能
資料作成機能 ワンクリックでPDF出力が可能
会計ソフトとの連携 6種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

※月額費用は機能がすべて搭載されたプランで比較。料金や機能などの情報はすべて2021年3月時点のもの。

価格・対応ソフト・機能で比較!

キャッシュの
見える化に対応する
「予実管理システム3選」

予実管理システム3選

借入金の返済計画まで可視化できる「キャッシュフローの見える化」に対応している予実管理システムを価格・対応ソフト・機能の3つのポイントで比較してみました。