【30社から厳選】強い経営基盤を作る予実管理システム大全 » 予実管理とは?Q&Aまとめ

予実管理とは?Q&Aまとめ

企業経営に欠かせない予実管理。システムの費用相場や選び方、無料ツールや活用したい機能などをご紹介します。

予実管理と予算管理の違い

予実管理とは、企業の「予算」と「実績」を分析・管理すること。目標として設定した予算をどの程度達成できているのか、またどの程度足りていないのかを確認して、経営活動の改善につなげます。

予実管理を行うと、経営活動の課題が明らかになるため、健全な企業経営を支えるために重要です。

似た用語に予算管理がありますが、予実管理とほぼ同義です。企業の予算と実績を管理・分析し、経営に活かすという点で大きな違いはありません。

予実管理と予算管理の違い
を詳しく見る

予実管理はエクセル・スプレッドシートでも作れる?

エクセルやスプレッドシートは、多くの企業で予実管理業務に利用されています。エクセルでの予実管理は、安価に使えて自由度が高いなど、大きなコストがかからず便利な点がメリットです。

一方、ファイルの収集・集計作業に時間がかかり、日々の運営管理に手間がかかりやすいなどデメリットもあります。

予実管理システムなら、エクセルのデメリットを解消し、業務の効率化やスピーディーな経営判断のサポートが可能です

予実管理はエクセル・
スプレッドシートでも作れる?
を詳しく見る

予実管理システム・ツールの
費用相場は?

一般企業向けのクラウド型では、一番高いプランでも相場は3万3000円程度(※)。月額5,000円から50,000円までプランにより大きい幅があります。

※2021年3月時点で当編集部が「予実管理システム」と検索し、上位表示される30社の各公式HPの料金を調査し、独自に算出したものです。最新の料金は各公式HPをご確認ください。

システムの費用は、システム構築の手法や搭載する機能、付随するサービスなどによって大きく異なります。システムを選ぶ際は、費用だけでなく、自社にとって必要な機能を搭載しているかどうかにも着目しましょう

予実管理システム・ツールの
費用相場は?
を詳しく見る

予実管理システムは
クラウド版を選ぶべき?
オンプレミス版を選ぶべき?

システムを導入する際、クラウドにするか、オンプレミスにするかで悩む方も多いでしょう。

それぞれ、初期費用や日々の運用コスト、カスタマイズ性やセキュリティ面などでメリット・デメリットがあります。一概にどちらがいいとは言えませんので、自社のニーズに合ったものを選びましょう。

一から導入するなら、初期費用が安く済み、すぐに導入できるクラウド版を利用してみるのがおすすめです

予実管理システムは
クラウド版を選ぶべき?
オンプレミス版を選ぶべき?
を詳しく見る

無料体験版がある
予実管理システムは?

予実管理システムを選ぶ際は、機能や使い勝手などを実際に試してみるのがおすすめです。各製品やほとんどのシステムで無料体験版・トライアルが用意されているので、ぜひ活用しましょう

ここでは、無料体験版・トライアルがある予実管理システムのうち、月額費用の安い5つのシステムについてご紹介しています。できるだけ多くの製品を試して、自社に合うソフトを選んでください。

無料体験版がある
予実管理システムは?
を詳しく見る

ぜひ活用したい予算管理・予実管理システムの機能とは?

各社さまざまな機能を搭載している予実管理システムですが、中でも注目したいのが「キャッシュフローの見える化」「分析機能」「資料作成機能」「会計ソフトとの連携」の4つの機能。これらを使いこなすことで、業務効率化、経営改善につなげることができます。ぜひ活用して、着実な会社経営につなげてください。

ぜひ活用したい予算管理・
予実管理システムの機能とは?
を詳しく見る

予実管理の必要性とは?

予実管理は設定予算と業績を照らし合わせて具体的に分析していくフローであり、企業の経営課題を発見したり、プロジェクトの問題点を検討したりする上で重要です。

また、予実管理を適正に行うことで、市場の変化や顧客のニーズの変化にも迅速に対応して、計画の実効性をリアルタイムで見直しも可能になります。

予算は事業の実施に欠かせないポイントであり、予実管理は健全かつ効果的な事業経営で必要といえるでしょう。

予実管理の必要性とは?
を詳しく見る

予算統制とは?

予算統制は、予算計画と期末の実績から予算達成状況を把握し、データを分析して今後の事業計画の立案や予算計画の分析へ反映していく手法です。そのため実務的には予算統制と予実管理はほぼ同じ意味といえるでしょう。

予算統制は予算計画や事業計画におけるPCDAサイクルの鍵であり、予算統制を確実に行える体制を構築することで、株主への情報開示責任を果たしたり、上場に向けて的確に計画を管理したりすることが可能になります。

予算統制とは?
を詳しく見る

予実管理システムの
選び方

予実管理システムのメリットを充分に得たいなら、導入前に自社の課題をしっかり抽出しておく必要があります。課題解決に即した機能を持つシステムを選ぶのが大切です。

適切な予実管理システムを選ぶには、チェックすべきポイントは複数あります。それぞれの項目ごとにシステムの特徴を比較しないと、自社課題にアプローチできるシステムかは判断できません。

そこで、まずは予実管理システムの選び方に関して注意すべき重要ポイントを把握しておきましょう

予実管理システムの
選び方
を詳しく見る

予実管理のメリットとは?

予実管理を適切に行うことで得られるメリットは少なくありません。例えば、予実管理で差違を速やかに発見できれば、問題の早期解決や損失の拡大防止にもつながります。また、問題点を把握することで今後の予算設定や予算修正に役立てることもできるでしょう。

ただし、予実管理の有用性を最大化するには注意すべきポイントもあります。そのため、まずは予実管理のメリットや注意点を把握して、最適な活用法を理解しておきましょう。

予実管理のメリットとは?
を詳しく見る

予実管理の効率化とは?

予実管理を効率化して一層に効果を高めるには、大きく分けてExcelのような既存ソフトを活用する方法と、予実管理をサポートするための専用システムを導入する方法の2つが挙げられます。

どちらの方法を使うにしてもそれぞれメリット・デメリットがありますが、特に予実管理システムを採用する場合は自社のニーズや業務環境などにマッチした製品を選択することが、メリットを最大化して効率化を追求する秘訣といえるでしょう。

予実管理の効率化とは?
を詳しく見る

価格・対応ソフト・機能で比較!
キャッシュの見える化に対応する
「予実管理システム3選」

強い経営を作るために必要なキャッシュフローの見える化に対応し、会計事務所とも情報共有しやすいクラウド版で、料金を公式サイト上に明示している予実管理システムを3つピックアップ。価格、対応ソフト、機能で比較してみました。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)
株式会社シスプラの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※スタンダードプランの場合
月額利用料
(税込)
5,500円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の月次予算まで可視化
分析機能 晴れ/曇り/雨の表示で解説
資料作成機能 最大100種類の分析資料を自動作成
会計ソフトとの連携 16種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)
株式会社YKプランニングの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※プランニングプランの場合
月額利用料
(税込)
10,780円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の年次予算まで可視化
分析機能 アシストロボットの「bi-bo」が解説
資料作成機能 6つの機能で経営計画書を自動作成
会計ソフトとの連携 23種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)
株式会社ナレッジラボの画像1
引用元:株式会社ナレッジラボの公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※一般企業向けの場合
月額利用料
(税込)
55,000円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 1年先の年次予算まで可視化
分析機能 ワンクリックで財務分析が可能
資料作成機能 ワンクリックでPDF出力が可能
会計ソフトとの連携 6種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

※月額費用は機能がすべて搭載されたプランで比較。料金や機能などの情報はすべて2021年3月時点のもの。

価格・対応ソフト・機能で比較!

キャッシュの
見える化に対応する
「予実管理システム3選」

予実管理システム3選

借入金の返済計画まで可視化できる「キャッシュフローの見える化」に対応している予実管理システムを価格・対応ソフト・機能の3つのポイントで比較してみました。