【30社から厳選】強い経営基盤を作る予実管理システム大全 » 予実管理とは?Q&Aまとめ » 予実管理システム・ツールの費用相場は?

予実管理システム・ツールの費用相場は?

予実管理システムを導入したいけど、いったい費用はどのくらいなの?という方のために、費用相場を調べてみました。システム検討の参考にして下さい。

予実管理・予算管理システムの費用を調べてみた

予実管理システムの中から、一般企業向けのクラウド型で、月額費用の記載のあった以下7システムを選び、一番高いプランの費用をそれぞれ比較しました。

YOJiTSU
(スタンダード)
5,500円
bixid(bixider) 10,780円
eセールス
マネージャー
11,000円
※公式サイトに税表記はありませんでした。
楽楽精算 33,000円~
freee 43,780円
TeamSpirit HR 49,500円
Manageboard 公式サイトに費用の記載がありませんでした。

予実管理システムを導入すると、業務の効率化や迅速な経営判断につながるなど、多くのメリットが得られます。

一口に予実管理システムと言っても、機能や費用などさまざまなシステムがあるため、ポイントを押さえて自社に合ったシステムを導入しましょう。

月額費用の相場は…

予実管理システムの相場は33,000円程度。月額5,000円から50,000円まで、費用には大きな幅があります。(※)

※2021年3月時点で当編集部が「予実管理システム」と検索し、上位表示される30社の各公式HPの料金を調査し、独自に算出したものです。最新の料金は各公式HPをご確認ください。

予実管理システムの費用は、システム・サービスの構築方法や搭載する機能、付随するサービスなどによって異なります。安くても自社に必要な機能を備えていないと十分に利用できません。また、高くても自社が使わない機能ばかりではコストが無駄になってしまいます。

予実管理システムを選ぶ際は、目的や必要な機能をよく考えましょう。

システムが業種や業態に合っているかどうかもポイントです。飲食店や販売業、総合商社など、それぞれの企業によって相性のいいシステムは異なります。

また、自社に合うように項目ごとのカスタマイズができるかどうかも確認しましょう

まとめ

予実管理システムの費用は、サービスごとにかなりのバラツキが見られます。システムを選ぶ際は、費用だけでなく、自社にとって必要な機能を搭載しているかに着目し、コスパのいい予実管理システムを選びましょう。

機能や使いやすさなどを、あらかじめ確認してから導入するのもおすすめです。システムによっては無料体験版を用意しているところもあるので、ぜひ確認してみて下さい。

予実管理システムを比較

予実管理システムの無料体験・トライアルはわかったかと思います。ここから本当にあなたにあった予実管理システムを正しく選ぶには、下記の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • キャッシュの見える化に対応しているか
  • 見やすい分析機能が搭載されているか
  • 資料の自動作成機能があるか

この3つのポイントを抑えていれば経営の役に立ち、かつ担当者の分析作業や資料作成の負担減にもつながるシステムを導入できます。

当サイトでは30種以上の予実管理システムを調査し比較しております。検討している人はぜひチェックしてみてください。

予実管理システムを比較

予実管理システムの費用相場はわかったかと思います。さらにあなたにあった予実管理システムを正しく選ぶには、下記の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • キャッシュの見える化に対応しているか
  • 見やすい分析機能が搭載されているか
  • 資料の自動作成機能があるか

この3つのポイントを抑えていれば経営の役に立ち、かつ担当者の分析作業や資料作成の負担減にもつながるシステムを導入できます。

当サイトでは30種以上の予実管理システムを調査し比較しております。検討している人はぜひチェックしてみてください。

【2021年版】
強い経営基盤を作る
キャッシュフローに強い
「予実管理システム」3選

価格・対応ソフト・機能で比較!
キャッシュの見える化に対応する
「予実管理システム3選」

強い経営を作るために必要なキャッシュフローの見える化に対応し、会計事務所とも情報共有しやすいクラウド版で、料金を公式サイト上に明示している予実管理システムを3つピックアップ。価格、対応ソフト、機能で比較してみました。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)
株式会社シスプラの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※スタンダードプランの場合
月額利用料
(税込)
5,500円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の月次予算まで可視化
分析機能 晴れ/曇り/雨の表示で解説
資料作成機能 最大100種類の分析資料を自動作成
会計ソフトとの連携 16種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)
株式会社YKプランニングの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※プランニングプランの場合
月額利用料
(税込)
10,780円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の年次予算まで可視化
分析機能 アシストロボットの「bi-bo」が解説
資料作成機能 6つの機能で経営計画書を自動作成
会計ソフトとの連携 23種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)
株式会社ナレッジラボの画像1
引用元:株式会社ナレッジラボの公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※一般企業向けの場合
月額利用料
(税込)
55,000円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 1年先の年次予算まで可視化
分析機能 ワンクリックで財務分析が可能
資料作成機能 ワンクリックでPDF出力が可能
会計ソフトとの連携 6種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

※月額費用は機能がすべて搭載されたプランで比較。料金や機能などの情報はすべて2021年3月時点のもの。

価格・対応ソフト・機能で比較!

キャッシュの
見える化に対応する
「予実管理システム3選」

予実管理システム3選

借入金の返済計画まで可視化できる「キャッシュフローの見える化」に対応している予実管理システムを価格・対応ソフト・機能の3つのポイントで比較してみました。