【30社から厳選】強い経営基盤を作る予実管理システム大全 » 予実管理とは?Q&Aまとめ » ぜひ活用したい予算管理・予実管理システムの機能とは?

ぜひ活用したい予算管理・予実管理システムの機能とは?

予実管理システムで特に活用したい4つの機能をご紹介します。

予実管理システムの便利な
4つの機能

予算管理システムは、各社のシステムごとにさまざまな機能を搭載していますが、中でも注目したいのが「キャッシュフローの見える化」「分析機能」「資料作成機能」「会計ソフトとの連携」の4つの機能。

これらを使いこなすことで、業務効率化、経営改善につなげることができます。以下で詳しくご紹介します。

キャッシュフローの
見える化機能

企業活動では、キャッシュフローをしっかり把握した経営管理を行うことが大切です。キャッシュフローとは「資金の流れ」のこと。会社に入ってくるお金から、出ていくお金を差し引いた収支のことを指します。

帳簿上の数字を追うだけでは、現実のキャッシュとの違いに気付くのが遅くなってしまう可能性もあります。

予実管理ツールを活用して経営を「見える化」し、未来の経営の安定化とキャッシュフローの黒字化を目指すことが大切です。

分析機能

予実管理では、目標予算を達成するために計画した予算と期末の実績との差異を分析する「差異分析」が重要です。予算段階での各科目の目標数値と実績を比較して、差額を分析することで、これまで気付かなかった経営上の課題に気づき、効果的な改善策を打ち出せます。

分析機能を搭載した予実管理システムを活用すれば、リアルタイムでの数値のモニタリングができるうえ、さまざまな観点から経営に活かせる分析が可能です

資料作成機能

予実管理を行うためには、さまざまな帳票・資料が欠かせません。従来のエクセルを用いた予実管理では、作成する資料ごとに必要な情報を拾い出して紐付け、関数を組んでグラフを作成しなくてはならず、大変な手間がかかります。

予実管理ツールなら、集計されたデータを自動で利用して資料を作成できるので、大幅な時間短縮と業務の効率化が可能です

中には、毎月見たい分析資料を保存しておくだけで、最大100種類もの帳票を自動で作成してくれるソフトもあります。

会計ソフトとの連携機能

エクセルやスプレッドシートから予実管理に必要な情報を取り込む場合、担当者は情報を探し出して抜き出し、間違いがないかを確認・修正しなければなりません。

予実管理システムでは、会計システムやERPなど外部のシステムと連携して、必要なデータを自動で取り込むことが可能です。

収集・確認・修正の手間がかからない分、コストや時間を大幅に削減でき、担当者は本来の分析業務に注力できます。

まとめ

予実管理ツールには、ここで紹介した4つの機能だけでなく、従来のエクセルやGoogleスプレッドシートではできない多彩な機能を搭載しており、さまざまなメリットが見込めることから、多くの企業で導入が進んでいます。

業務を効率化し、経営を可視化してくれるツールを活用し、確実な予実管理を行いましょう

予実管理システムを比較

予実管理システムの機能はわかったかと思います。さらにあなたにあった予実管理システムを正しく選ぶには、下記の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • キャッシュの見える化に対応しているか
  • 見やすい分析機能が搭載されているか
  • 資料の自動作成機能があるか

この3つのポイントを抑えていれば経営の役に立ち、かつ担当者の分析作業や資料作成の負担減にもつながるシステムを導入できます。

当サイトでは30種以上の予実管理システムを調査し比較しております。検討している人はぜひチェックしてみてください。

【2021年版】
強い経営基盤を作る
キャッシュフローに強い
「予実管理システム」3選

価格・対応ソフト・機能で比較!
キャッシュの見える化に対応する
「予実管理システム3選」

強い経営を作るために必要なキャッシュフローの見える化に対応し、会計事務所とも情報共有しやすいクラウド版で、料金を公式サイト上に明示している予実管理システムを3つピックアップ。価格、対応ソフト、機能で比較してみました。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)
株式会社シスプラの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※スタンダードプランの場合
月額利用料
(税込)
5,500円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の月次予算まで可視化
分析機能 晴れ/曇り/雨の表示で解説
資料作成機能 最大100種類の分析資料を自動作成
会計ソフトとの連携 16種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)
株式会社YKプランニングの画像1
引用元:株式会社公益社の公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※プランニングプランの場合
月額利用料
(税込)
10,780円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の年次予算まで可視化
分析機能 アシストロボットの「bi-bo」が解説
資料作成機能 6つの機能で経営計画書を自動作成
会計ソフトとの連携 23種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)
株式会社ナレッジラボの画像1
引用元:株式会社ナレッジラボの公式サイトより
(URL:https://www.narakoueki.co.jp/hall/narayama/index.html)
※一般企業向けの場合
月額利用料
(税込)
55,000円~
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 1年先の年次予算まで可視化
分析機能 ワンクリックで財務分析が可能
資料作成機能 ワンクリックでPDF出力が可能
会計ソフトとの連携 6種類以上

公式HPで機能を詳しく見る

電話で問合せる

※月額費用は機能がすべて搭載されたプランで比較。料金や機能などの情報はすべて2021年3月時点のもの。

価格・対応ソフト・機能で比較!

キャッシュの
見える化に対応する
「予実管理システム3選」

予実管理システム3選

借入金の返済計画まで可視化できる「キャッシュフローの見える化」に対応している予実管理システムを価格・対応ソフト・機能の3つのポイントで比較してみました。