強い経営基盤を作る予実管理システム大全

予実管理システムで実現する
“時代の変化に負けない経営”

予実管理システムは、ただ予算と実績を管理するだけのツールではありません。
活用の仕方によっては、時代の変化に負けない強い経営を作る“羅針盤”となりえます。
このサイトでは過去・現在はもちろん、未来までを見据えた
“キャッシュの見える化”に対応する予実管理システムをピックアップして紹介します。

価格・対応会計ソフト・
機能が比較できる
“キャッシュの見える化”に強い

「予実管理システム3選」を見る

なぜ“キャッシュの見える化”が大事なのか?
3つのポイントで解説

黒字経営でもキャッシュが不足すれば会社は倒産する

東京商工リサーチの「倒産企業の財務データ分析」によると、倒産企業の47.7%が黒字経営でした。損益計算上は黒字でも借入金を返済できなければ、つまりキャッシュが不足すれば、当然ながら会社は倒産してしまいます。

損益計算書には、銀行などからの借入金の返済額は含まれません。書類上は黒字でも、実際は借入金の返済で首が回らないという企業は少なくなく、ここに企業が黒字倒産してしまう理由があります。

黒字倒産しないためには、“キャッシュを見える化”し、どのタイミングでどれだけの借入金の返済が発生し、どれだけのキャッシュが必要なのかを正確に把握しておかなければなりません。それを効率的かつ実践的に解決に導いてくれるのが「予実管理システム」なのです。

※参照元:東京商工リサーチ(2018年12月)
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190215_02.html

中小企業の一番の悩みは「資金繰り」

中小企業の多くの悩みが「資金繰り」。平成28年度のアンケートでは、実に6割の起業家が「資金繰りに悩んでいる」と回答しています。

  • 1位 資金繰り(60%)
  • 2位 家族の理解・協力(40.8%)
  • 3位 知識・ノウハウの習得(35.6%)

資金繰りは「借入金をいかに計画的に返済していくか」と換言することもできます。そんな中小企業の多くは融資先から経営計画書の提出を求められ、より具体的で現実的な返済計画が必要になってきています。その意味でも1~5年先のキャッシュフローまで可視化できる予実管理システムが役立つと言えるでしょう。

参照元:中小企業・小規模事業者の企業環境及び起業家に関する調査
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H28FY/000225.pdf

“どんぶり勘定”ではもう生き残れない

このように多くの企業が資金繰りに悩んでおり、コロナ禍で経営がさらに苦しくなっているにも関わらず、2021年2月度の倒産件数は前年同月比31.4%減の446件で過去50年で最少でした。(※東京商工リサーチより)

ただしこれは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の大規模な公的支援によって、一時的に救済されただけに過ぎません。これから先借入金の返済が迫れば、キャッシュが不足し経営が立ち行かなくなるのは明白。“コロナ倒産”が増えるのはこれからだと言えるでしょう。

そうならないために、キャッシュの見える化を実現してくれる予実管理システムを導入し、机上の空論やどんぶり勘定ではない、現実な返済計画・経営計画を立てていきましょう。

参照元:東京商工リサーチ(2021年2月)
https://www.tsr-net.co.jp/news/status/monthly/202102.html

変化に強い経営基盤を作る
予実管理システムの選び方

予実管理システムを正しく選ぶには、下記の3つのポイントを押さえることが大切です。
  • キャッシュの見える化に対応しているか
  • 見やすい分析機能が搭載されているか
  • 資料の自動作成機能があるか
この3つのポイントを抑えていれば、
経営の役に立ち、かつ担当者の分析作業や資料作成の負担減にもつながるシステムを導入できます。

“キャッシュの見える化”に強い
「予実管理システム3選」
価格・対応ソフト・機能で比較

強い経営を作るために必要なキャッシュフローの見える化に対応し、会計事務所とも情報共有しやすいクラウド版で、料金を公式サイト上に記載している予実管理システムを3つピックアップ。価格・対応ソフト・機能で比較してみました。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)

株式会社シスプラの画像1
引用元:YOJiTSU公式サイト
https://yojitsu.net/
※スタンダードプランの場合
月額利用料
(税込)
5,500円
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
気になる4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の月次予算まで
可視化
分析機能 晴れ/曇り/雨の天気予報の表示で解説
資料作成
機能
最大100種類の分析資料を自動作成
会計ソフトとの連携 16種類以上

公式HPで機能を
詳しく見る

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)

株式会社YKプランニングの画像1
引用元:bixid公式サイト
https://bixid.net/
※プランニングプランの場合
月額利用料
(税込)
10,780円
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
気になる4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 5年先の年次予算まで
可視化
分析機能 アシストロボットの「bi-bo」が解説
資料作成
機能
6つの自動作成機能で経営計画書を作成
会計ソフトとの連携 23種類以上

公式HPで機能を
詳しく見る

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)

株式会社ナレッジラボの画像1
引用元:株式会社ナレッジラボの公式サイトより
https://manageboard.jp/
※一般企業向けの場合
月額利用料
(税込)
55,000円
▲マウスオンで詳細を確認
▲タップで詳細を確認
気になる4つの機能をチェック
キャッシュフローの見える化 1年先の年次予算まで
可視化
分析機能 ワンクリックで財務分析が可能
資料作成
機能
ワンクリックでPDF出力が可能
会計ソフトとの連携 6種類以上

公式HPで機能を
詳しく見る

電話で問合せる

※月額費用は機能がすべて搭載されたプランで比較。料金や機能などの情報はすべて2021年3月時点のもの。

各予実管理システムの
対応可能な会計ソフト一覧

対応可能な会計ソフト YOJiTSU bixid Manageboard
弥生会計
マネーフォワード
freee
財務応援
TKC ―(要問合せ)
PCA ―(要問合せ)
会計王 ―(要問合せ)
大蔵大臣 ―(要問合せ)
ICS ―(要問合せ)
SMILE ―(要問合せ) ―(要問合せ)
勘定奉行 ―(要問合せ)
OBIC7 ―(要問合せ) ―(要問合せ)
ACELINK(株式会社ミロク情報サービス) ―(要問合せ)
JDL ―(要問合せ)
A-SaaS(Milatus) ―(要問合せ)
キーパー財務(株式会社シスプラ) ―(要問合せ)
発展会計(日本ビズアップ) ―(要問合せ)
CASH RADAR(株式会社 エヌエムシイ) ―(要問合せ) ―(要問合せ)
e-PAP(株式会社エッサム) ―(要問合せ) ―(要問合せ)
富士山財務会計(株式会社ワイエムジーソフト) ―(要問合せ) ―(要問合せ)
Crew(株式会社アックスコンサルティング) ―(要問合せ) ―(要問合せ)
フリーウェイ(株式会社フリーウェイジャパン) ―(要問合せ)
ツカエル会計(ビズソフト) ―(要問合せ)
サクラス財務(株式会社サクラス) ―(要問合せ) ―(要問合せ)
わくわく財務会計 ―(要問合せ) ―(要問合せ)

「予実管理システム3選」を
もっと詳しく解説

上記で取り上げたYOJiTSU・bixid・Manageboardの料金・特徴・機能をさらに詳しく見ましょう。

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)

株式会社シスプラのHP
引用元:YOJiTSU公式HP
(https://yojitsu.net/)
スタンダード
プラン
月額利用料
(税込)
5,500円
対応可能な会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee
  • 財務応援
  • TKC
  • PCA
  • 会計王
  • 大蔵大臣
  • ICS
  • SMILE
  • 勘定奉行
  • OBIC7
  • ACELINK
  • JDL
  • A-SaaS
  • キーパー財務
  • 発展会計
  • CASH RADAR
  • e-PAP
  • 富士山財務会計
  • Crew
  • フリーウェイ
  • ツカエル会計
  • サクラス財務
  • わくわく財務会計

YOJiTSUの特徴

  • 会計事務所とリアルタイムで共有可能
    月次の試算表や決算書では見えなかった経営数値を「見える化」してくれる、クラウド型の経営支援ツール。16種類以上の財務会計ソフトとの連動が可能で、データを取り込んで、借入金を返済するために必要な利益から逆算した目標予算を自動作成することができます。
    「共有ID」を発行できるため、経営者と会計事務所の間でリアルタイムに情報を共有し、毎月の実績データをクラウド上で比較分析することも。詳細な解決知識がなくても、管理会計の基本さえ理解しておけば、誰でも問題なく利用することができます。
  • 100種類の分析資料も自動作成
    変動損益計算を用いた本格的な予算も5分で作成可能。定型業務を的確に遂行するRPA機能「STORY」を搭載しており、毎月仕訳データを送信するだけで、さまざまな角度から予実対比された100種類(2021年3月時点、公式サイトより)もの分析資料を自動作成してくれます。予算作成・予実成績表・分析資料・変動損益構成の比較・摘要分析・資金ショート予測・限界利益の感度分析・仕訳帳、総勘定元帳、合計残高試算表・McSSデータ連携などの機能を初回30日間は無料で利用することができるので、まず試してみたい方におすすめです。
    参照元:YOJiTSU公式サイト
    https://yojitsu.net/

公式HPで利用プランを詳しく見る

電話で問合せる

YOJiTSUの機能をチェック

キャッシュフローの
見える化機能
キャッシュフローの見える化機能
引用元:YOJiTSU公式HP
(https://yojitsu.net/func/)
5年先の月次予算まで「見える化」

資金繰予定表を使えば、仕訳取込完了月の翌月から4期後の期末まで、毎月末のキャッシュフローを予測することができます。キャッシュフローをマイナスにしないための目標予算を自動作成し、その目標予算を達成するために、さまざまな角度から経営数値を見える化。あといくら売上が足らないのか、どの部門が好調でどの部門が足を引っ張っているのか、徐々に増えたのか急に減ったのかなど、あらゆる角度から細分化された情報で、キャッシュフローに基づく経営をサポートしてくれます。

分析機能
分析機能
引用元:YOJiTSU公式HP
(https://yojitsu.net/func/)
勘定科目ごとの比較で経営実態を把握

摘要分析機能では、取り込んたデータから、当期・前期・前々期の全ての仕訳を解析し、入力されている摘要を自動集計。摘要欄に記載されている商品や取引先、地域や担当者などさまざまな項目をキーにデータ集計し、3期の比較グラフや推移グラフを作成することができます。売上細分化分析機能では勘定科目を複数に分けたうえで補助科目も設定し、部門別に売上を分析。細分化された売上から予実対比を行うことで、可視化できていない経営の課題をあぶりだすことができます。

資料作成機能
資料作成機能
引用元:YOJiTSU公式HP
(https://yojitsu.net/func/)
最大100種類の分析資料を自動作成

RPA機能「STORY」を搭載しており、スピーディーな資料作成で業務効率化を強力にサポート。毎月見たい分析資料をSTORYへ保存しておき、翌月に仕訳を送信するだけで、最大100種類の分析資料を自動作成してくれます。さらに、保存された各分析資料は「月次報告書」としてPDF化し、印刷することも可能。今後の経営判断を下すための重要な資料として、役員会議などで活用できます。

YOJiTSUの運営会社情報

社名 株式会社シスプラ
設立年 1988年
資本金 8,000万円

公式HPから無料体験版を試してみる

電話で問合せる

bixid
(株式会社YKプランニング)

株式会社YKプランニングのHP
引用元:bixid公式HP
(https://bixid.net/)
bixider
プラン
月額利用料
(税込)
10,780円
対応可能な会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee
  • 財務応援
  • TKC
  • PCA
  • 会計王
  • 大蔵大臣
  • ICS
  • SMILE
  • 勘定奉行
  • OBIC7
  • ACELINK
  • JDL
  • A-SaaS
  • キーパー財務
  • 発展会計
  • CASH RADAR
  • e-PAP
  • 富士山財務会計
  • Crew
  • フリーウェイ
  • ツカエル会計
  • サクラス財務
  • わくわく財務会計

bixidの特徴

  • AIによる自動チェックで
    監査時間も短縮
    経営者の企業経営をサポートしてくれる、クラウド型の予実管理ソフトです。使いやすさが特徴で、多くの企業や会計事務所で導入されています。 現在使用している会計ソフトからデータを取り込むことで、月次決算を自動生成。月次決算の高速化を実現し、財務分析や予算管理、経営管理など、経営の強靭化を助けてくれます。また、予算残高や売掛金残高の確認、残高不一致や入力漏れなどをAIがチェックしてくれるので、監査時間の短縮を図ることが可能です。
  • マルチデバイスにも対応
    月ごとのレポートの共有や社内チャットもbixidで行うことが可能。また、無料&無制限でのユーザーの追加や、ユーザーごとに細かな閲覧権限の設定をすることができます。アカウントを招待することで、企業や会計事務所、コンサルタント、金融機関など社外のパートナーと情報共有することも。インターネットブラウザやスマホ・タブレットなどマルチデバイスにも対応しており、場所を選ばず使える点が魅力です。

公式HPで利用プランを詳しく見る

電話で問合せる

bixidの機能をチェック

キャッシュフローの
見える化機能
キャッシュフローの見える化機能
引用元:bixid公式HP
(https://bixid.net/solution/cash-flow.html)
経営数値を予測できる簡易五ヵ年シミュレーション

経営数値の把握や、いつキャッシュが必要になるかの簡易予測をしてくれます。また、借入が必要になった場合には、経営計画の自動作成機能で、計画数値を簡単に作成し、提出資料に活用することが可能。2つのシミュレーションスタイルで経営数値を予測できる簡易五ヵ年シミュレーションや、PL、BS、CFの状況を把握しやすい画面設計で、キャッシュの流れも一目瞭然です。

分析機能
分析機能
引用元:bixid公式HP
(https://bixid.net/function.html)
他社比較で自社の強み・弱みを把握

決算診断では、中小企業庁が発表している「中小企業実態基本調査」をもとに、同業他社をライバルとして数値比較。ライバルと比較した自社の強み・弱みを知ることができます。bixid上で質問事項に回答するだけで自社が見える自社分析機能や会計がアシストロボットbi-bo(ビーボ)によるアシスト解説など、会計データを分析し、わかりやすく報告してくれる多彩な機能を搭載しています。

資料作成機能
資料作成機能
引用元:bixid公式HP
(https://bixid.net/function.html)
6つの自動作成機能を搭載

「合計残高試算表・合計残高推移表・合計残高比較表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」など基本的な帳票が閲覧・出力できるほか、グラフと表を使った多彩なビジュアルレポートで経営を可視化してくれる月次レポートなど、6つの自動作成機能を搭載。会計データをアップロードするだけで、会社の数字を簡単に把握できるさまざまな資料を作成することができます。

bixidの運営会社情報

社名 株式会社 YKプランニング
設立年 1986年
資本金 公式HPに記載なし

公式HPから無料体験版を試してみる

電話で問合せる

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)

株式会社ナレッジラボのHP
引用元:Manageboard公式HP
(https://manageboard.jp/)
一般企業向け
プラン
月額利用料
(税込)
55,000円
対応可能な会計ソフト
  • 弥生会計
  • マネーフォワード
  • freee
  • 財務応援
  • TKC
  • PCA
  • 会計王
  • 大蔵大臣
  • ICS
  • SMILE
  • 勘定奉行
  • OBIC7
  • ACELINK
  • JDL
  • A-SaaS
  • キーパー財務
  • 発展会計
  • CASH RADAR
  • e-PAP
  • 富士山財務会計
  • Crew
  • フリーウェイ
  • ツカエル会計
  • サクラス財務
  • わくわく財務会計

Manageboardの特徴

  • 現場で使える!多彩な機能を搭載
    コンサルティング経験豊富な公認会計士が開発し、現場に寄り添った多彩な機能を搭載した予算管理ソフトです。中小企業や個人事業に特化しており、中小企業経営者や個人事業主が簡単に扱える操作性と、さまざまなレポートをスピーディーに作成できる機能が魅力。会計データはAIによってあらゆる角度からチェックが行われるため、会計チェックの精度向上やスピードアップ効果も期待できます。クラウドサービスのため、インターネット環境があればどこでも簡単に利用することが可能です。
  • チームでの目標達成をサポート
    自社の会計データを取り込むだけで、エクセルを使わずに予実管理が行えます。部門単位やチーム単位といった細かい予算管理や、業績・キャッシュフローのシミュレーション、レポーティングなどの機能も搭載。会計データを取り込んでおくだけで、勘定科目ごとや補助科目ごとの予算実績分析も容易に行い、チーム全体での目標達成をサポートしてくれます。一般企業向けと、会計事務所向け、金融機関コンサルティング部門向けのプランがあります。

公式HPで利用プランを詳しく見る

電話で問合せる

Manageboardの機能をチェック

キャッシュフローの
見える化機能
キャッシュフローの見える化機能
引用元:Manageboard公式HP
(https://manageboard.jp/features/)
タイムリーな経営判断をサポート

売上目標や予定しているコストなどを入力すると、瞬時に業績をシミュレーション。業績予測をキャッシュフローに変換し、1年先の年次予算までを可視化してくれます。部門別の予算管理や、売上やコストなどを細かく設定した予算管理も可能。必要な情報を一元管理することで、タイムリーな経営判断をサポートしてくれます。

分析機能
分析機能
引用元:Manageboard公式HP
(https://manageboard.jp/features/)
損益分岐点や限界利益率をワンクリックで確認

決算書や試算表では分析できない、損益分岐点分析や限界利益率分析をワンクリックで確認できる「管理会計対応」機能をはじめ、会計データを取り込むだけで、勘定科目や補助科目レベルの予算実績分析が簡単にできる「予算実績分析」など、さまざまな財務分析ができる多彩な機能を搭載しています。

資料作成機能
資料作成機能
引用元:Manageboard公式HP
(https://manageboard.jp/features/)
前向きなコミュニケーションを促進

山ほど蓄積されたレポートの中から必要な種類だけを選んで、PDFレポートを作成することができます。そのまま会議で活用できるさまざまなレポートを、ワンクリックで作成可能。銀行や投資家が必要としているレポートも簡単に作成でき、前向きなコミュニケーションを促進してくれます。

Manageboardの運営会社情報

社名 株式会社ナレッジラボ
設立年 2013年
資本金 公式HPに記載なし

公式HPから無料体験版を試してみる

電話で問合せる

予実管理の機能を搭載したシステムをタイプ別に紹介

一言で「予実管理システム」と言っても様々な種類があります。ここでは経営管理を支援してくれる予実・予算管理システム、勤怠・働き方を支援する予実・予算管理システム、プロジェクト管理を支援する予実・予算管理システムの3つに分けて特徴を説明します。

経営管理・支援系システム

YOJiTSU
(株式会社シスプラ)

月次試算表や決算書では見えなかった経営実態を「見える化」してくれるツールです。市販されている主要な会計ソフトと連動しており、データを取り込んで目標予算を自動作成することが可能。RPA機能「STORY」で、毎月見たい分析資料を保存しておけば、翌月に仕訳を送信するだけで、最大100種類の分析資料を自動作成してくれます。

bixid
(株式会社YKプランニング)

使いやすく、多くの企業や会計事務所で導入されているクラウド型の予実管理ソフトです。 月次決算を高速化し、財務分析や予算管理、経営管理など、経営の強靭化をサポートしてくれます。無料&無制限でユーザーを追加でき、ユーザーごとに細かな閲覧権限の設定をすることが可能。社内外での情報共有もスムーズに行えます。

Manageboard
(株式会社ナレッジラボ)

中小企業や個人事業に特化しており、現場に寄り添った多彩な機能を搭載している予算管理ソフトです。自社の会計データを取り込むだけで、エクセルを使わずに予実管理が行えます。部門ごとや項目ごとの予算管理を行えるほか、業務予測やキャッシュフロー予測のシミュレーション、予算実績分析なども行えます。

経営管理・支援系システムをもっと見る

kintone
(コムチュア株式会社)

Excelでの煩雑な予実管理から脱却し、集計と分析資料作成を効率化してくれるクラウド型予実管理システムです。IDを発行することで、社員間だけでなく、会社間での予実管理も可能。全国展開している企業の本社・営業所を含む全社的な予実管理や、営業部門・プロジェクトごとの予実管理などにも活用することができます。

DIGGLE
(DIGGLE株式会社)

予算作成、予算実績対比といった2つの業務を効率化してくれるクラウドサービスです。各部門から直接 SaaS 上に値を入力し、事業分野に応じたテンプレートを選ぶだけで、容易に売上、営業利益、累計売上、累計営業利益、販管費予実、販管比率などを分析。経営の「見える化」をサポートしてくれます。

Jedox(テクマトリックス株式会社)

財務、販売、人事、調達、その他のさまざまな部門にわたる予算編成、予測、計画を効率化してくれる、業務データ管理プラットフォームです。Excelでは解決しきれない課題を、見慣れたフォーマットで管理。各担当者の入力ミスにはアラートが表示されており、ミスの修正時間も削減しつつ、精度の高い予実管理を行えます。

dbSheetClient
(株式会社ニューコム)

普段業務で使っているExcel/AccessをそのままWebシステムにレベルアップ可能。使い慣れたExcel/Accessがフロント画面になっているので、利用者に負担をかけずに導入&運用することができます。通常Webシステムに求められるセキュリティ機能が標準装備されているため、セキュリティの確立も容易に行うことができます。

Sactona
(アウトルックコンサルティング株式会社)

操作対象者にとっての分かりやすさ・使いやすいさにこだわったシステムを提供。使い慣れたExcelの画面・機能をそのままに、従来の感覚で予算管理をすることができます。10ユーザーの小規模利用から1,000ユーザーを超えるような大規模利用まで、さまざまな企業規模に対応。Microsoft 製品や技術との親和性が高い点も特徴です。

LaKeel
(株式会社ラキール)

豊富なテンプレートと直感的に使えるUIで、分析業務がはじめてのスタッフでも使いこなせるオールインワンのセルフサービスBIツール・ソフトウェアです。現状の運用を変えずに、担当者が入力するExcelシートそのものを集計することが可能。担当者が手を加えなくても、経営層向けに集約された形でデータをすぐに出力することが可能です。

OBIC7
(OBIC)

1968年の創業以来、自社開発・直接販売体制にこだわってきた株式会社オービックが提供する統合会計ソリューションです。経営に必要な情報を一元管理することが可能。会計情報を中心とした基幹システムをベースに、業種・業界に特化したソリューションを組み合わせ、適切な情報基盤を構築することができます。

予算会計エクスプレス(株式会社スリー・シー・コンサルティング)

「業務の標準化が困難」「作業効率が悪く余計な労力と時間を費やしている」「今の予実管理を見直したい」「IPO審査に万全を期して臨みたい」といった企業課題を解決し、予実管理だけでなく、総合的な着地予想を高度に実現してくれるソリューションです。予算業務フローをとことん研究し、さまざまな機能を搭載しています。

Hyperion Planning(株式会社大建情報システム)

大規模環境向けの予実管理ツールとして国内外で高いシェアを誇っています。予算編成プロセスと各オペレーションの計画プロセスを統合することで、予算、予測の精度向上をサポート。企業のさまざまな予算編成タイプに対応できる柔軟性が強みで、各企業に合わせたカスタマイズも可能。多様な予算編成・管理のニーズを満たしてくれるツールです。

楽楽精算
(株式会社ラクス)

いつでもどこでもデータ入力ができるほか、ユーザーすべてが「楽」になる多彩な機能を搭載しています。「これまで慣れ親しんだレイアウトを使いたい」「企業の成長に合わせて柔軟に運用したい」という方に嬉しい、カスタマイズ性の高さも魅力。サポート体制も充実しており、専任のサポートスタッフが丁寧に対応してくれます。

freee
(freee株式会社)

中小企業や個人事業主の事務管理を効率化してくれるクラウド型会計ソフトです。会計・経理の初心者でも利用できるような画面設計が特徴です。予実管理機能や実績比較機能など、スピーディーな経営判断をサポートしてくれる多彩な機能を搭載。外部連携API機能により、Salesforceやkintoneなど業務システムとの連携も可能です。

弥生会計オンライン
(弥生株式会社)

パッケージ型の会計ソフト「弥生会計シリーズ」でおなじみ、株式会社弥生が提供するクラウド型会計ソフトです。日々の取引入力から、帳簿・レポート作成まで、小規模法人に必要な会計業務を搭載。サポート体制も整っており、メールやチャットなどで相談できるほか、全国各地の会計事務所とパートナーシップを結び、事業支援もしてくれます。

勘定奉行
(OBC)

「奉行シリーズ」などで知られるOBCによる中小規模企業向けの会計ソフトです。取引入力の自動化、リアルタイムな経営状況把握、決算・消費税申告書類の自動作成など、さまざまな機能で業務の効率化をサポート。導入時には、認定インストラクターが導入・運用サポートをしてくれるなど、フォロー体制も整っています。

BizForecast
(プライマル株式会社)

グループ経営の予実管理に対応している予算管理システムです。利用中のExcelファイルをそのままにシステム化できるため、システム導入に伴うユーザーストレスを感じません。会計システムとして必要な機能を一通り搭載し、経営管理業務のシステム化を実現してくれます。導入の際は、企業の業務担当者の視点に立った構築をしてくれるので安心です。

fusion place
(株式会社フュージョンズ)

いわゆる“Excelメタボ”を解消し、ワンパッケージで企業の意思決定をサポートしてくれる経営管理ソリューションです。独自の高速多次元データベースでリアルタイムにデータを更新し、即時集計が可能。経営管理に求められるデータを一元管理でき、スナップショットの際に生じる差分の比較にも対応しています。

クラウド会計Plus(株式会社マネーフォワード)

IPO準備・中堅企業向けの予実管理ソリューションです。WindowsでもMacでも利用可能で、他社会計ソフトのデータのインポートも容易に行うことができます。また、仕訳承認機能や業務分担に合わせた権限設定、仕訳の変更履歴確認機能などを搭載し、CSVやサービス内で「誰が」「いつ」編集したかの履歴を確認することもできます。

アタックボード
(株式会社アグリーメント)

Excel作業の「困った!」を解決、煩雑なExcelによる情報収集や加工、共有を自動化し、社内外の各システムで管理されているデータを統合してくれるソリューションです。AIを活用した分析や多軸視点での予実管理や分析をシングルプラットフォームで実現。各企業・部門・業務に合わせて柔軟にカスタマイズすることも可能です。

オラクルPBCS
(ORACLE)

オンプレミス型経営管理ソリューションHyperion Planningのクラウド版で、スモールスタート/短期間導入を可能にし、小規模環境でも利用しやすい点が特徴です。ビジネスユーザー自身で導入がしやすい管理画面が魅力。Webブラウザからの入力・出力だけでなく、Excelからの直接ログインで、既存のExcelデータを活用することも可能です。

BzPLAN(アイ・ティ・エル株式会社)

「未来会計」のコンセプトを設計思想に取り入れた、予算編成・予算実績管理のためのPDCAソリューションパッケージです。150種以上もの業務テンプレートを搭載し、簡単なマスター設定をするだけで、各種業務や各種帳票の作成が可能。予算作成では、さまざまな切り口からP/L計画・B/S計画・C/F計画を作成することができます。

MAP経営
(株式会社MAP経営)

経営計画の専門会社・MAP経営が提供するソリューションです。会計の視点ではなく経営者目線での画面設計されている点が特徴。製造業やサービス業だけでなく、建設業や医業などほぼすべての業種に対応しており、顧問先へのスムーズな経営計画提供とコミュニケーションをサポートしてくれます。

Diva System FBX
(株式会社ディーバ)

財務情報から非財務情報まで、一元管理できる予算管理システムです。予算・実績データ収集などはExcelを利用し、集計・予算編成・進捗管理・レポーティングなどの高度な管理はシステムを利用。Excelの便利さはそのままに、容易な操作性で、経営管理業務全体の見える化と、各種管理業務の効率化・スピードアップをサポートしてくれます。

Biz.SCRUM

MBPジャパン株式会社が販売している予実管理システムです。データ連携や組織図の取り込み、予定/実績の自動積み上げ集計などの機能を備えており、計画・実行・評価・改善を繰り返すPDCAサイクルに乗せた運用ができます。追加開発による機能拡張も可能なため、自社に必要な機能をカスタマイズして社内の統合ツールとしての活用も可能です。

Amoeba Pro

Amoeba Proは、クラウドで会計管理ができるシステムです。自社で立てた計画をさまざまな単位で管理でき、また今後の予定や実績、集計なども一元管理できます。クラウドなのでインターネット環境があればどこからでも確認や操作ができるほか、見たい情報を絞ってチェックできるなど、使いやすい機能が多数搭載されている点が特徴です。

勤怠・働き方支援システム

Jinjer
(株式会社ネオキャリア)

これまで多くの企業でバラバラに管理されていた人事データを一元化することで、業務効率を大幅に改善してくれるツールです。勤怠管理・経費管理・労務管理など、さまざまな機能を搭載しており、タイムロスや非効率を防止。適切な従業員フォローや、スピーディーな経営判断をサポートしてくれます。

TeamSpirit(株式会社チームスピリット)

勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーといった、従業員の方々が日々利用する機能を一元化したクラウドサービスです。日々のワークフローをこれ一つで完結させることで、利用者の「めんどくさい」を排除し、業務の効率化と企業の生産性向上、内部統制の強化をサポートしてくれます。

プロジェクト管理系システム

ボード型予実管理システム
(ADK富士システム)

「公共」「産業」「監視・制御」「オフィス」といったさまざまな事業分野でソリューションの開発を手がける、ADK富士システムが提供している予実管理システムです。作業現場と管理部門の情報共有をサポート。タッチパネルから簡単に操作できるため、ITが苦手なスタッフでもスムーズに利用することができます。

eセールスマネージャー
(ソフトブレーン株式会社)

大手企業から中小企業まで、製造業やサービス業、情報・通信業、金融業など、さまざまな分野で導入実績豊富です。使いやすさが特徴で、一度活動報告を行うだけで、タイムラインやスケジュール、顧客・人脈管理、商談リストなど全てのツールに情報が自動で反映。「見える化」によって、さまざまな営業課題を解決に導いてくれます。

Workday Adaptive Planning
(ワークデイ)

世界中で利用されている経営管理ソリューションです。予算管理業務に必要な機能を標準搭載し、Excelでの煩雑な予実集計作業を効率化してくれる上、積極的かつ戦略的な経営計画をサポート。データは米国とヨーロッパ2箇所の堅牢なデータセンターで運用されており、セキュリティ対策も取られているので安心です。

Senses
(マツリカ)

現場の営業パーソンへの効果的な支援を目指して生まれたサービスです。誰でも使えるわかりやすい画面設計で、入力負荷を大幅に削減。営業に関わるすべての情報を一元管理し、蓄積された情報を簡単に有効活用できる機能が満載です。アクションを登録すると、過去の類似案件やメールから、成約につながる勝ちパターンを提案してくれます。

予実管理とは?Q&Aまとめ

予実管理も予算管理も、企業の予算と実績を管理・分析し、経営に活かすという点で大きな違いはありません。しっかり取り組むと、企業の利益アップや業務の効率化、従業員の生産性向上が見込めます。より経営の課題をより可視化したいのなら、予実管理に特化したシステムを利用しましょう。

多くの企業がエクセルやスプレッドシートで予実管理を行っていますが、その一方で、集計業務や入力フォーマットの作成、メンテナンス業務に課題を感じている企業も少なくありません。予実管理システムなら、ヒューマンエラーをなくし、業務を効率化してくれるうえ、リアルタイムでの経営判断をサポートしてくれます。

予実管理システムの相場は当サイト調査によれば、33,000円程度。月額3,000円から50,000円まで、費用には大きな幅があります。システムを選ぶ際は、費用だけでなく、自社にとって必要な機能を搭載しているかに着目し、コスパのいい予実管理システムを選びましょう。

クラウド版のメリットは自社でシステムを構築する必要がないため、初期費用が安く済み、すぐに導入できる点。オンプレミス版のメリットはインフラを自社だけで占有できるためセキュリティの高さが期待できる点。それぞれの良さを把握したうえで、選びましょう。

せっかく予実管理ソフトを導入するなら、やはり快適に使用できるかどうかを確認したいところ。無料トライアル時は、経営者だけではなく、必ず実際の担当者に使ってもらい、リアルな使用感をチェックしましょう。

予実管理システムで特に便利なのが、キャッシュフローの見える化機能・分析機能・資料作成機能・会計ソフトとの連携機能。これらを活用することで業務を効率化し、経営を可視化することができます。